任天堂は5日、ゲーム開発体制の強化や、顧客との結び付きを強めるサービスの拡充などに充てる追加投資に、最大4500億円を投じると発表した。従来の研究開発や設備への投資に上乗せする。主力の家庭用ゲーム機「ニンテンドースイッチ」の爆発的ヒットによる潤沢な手元資金を、一段の収益基盤強化に振り向ける。

 追加投資では、オンラインストアやスマートフォン向けゲームの利用に必要な「ニンテンドーアカウント」の強化などに最大3千億円を充てる。ユーザーの裾野を広げたり、ソフト購入の利便性を高めたりする。

 ゲーム開発体制の整備に最大1千億円、ゲーム以外にも最大500億円を投じる。