自民党は5日、無所属の細野豪志元環境相の入党を認めた。遠藤利明選対委員長が記者団に明らかにした。細野氏は衆院選静岡5区に無所属で立候補し、自民党公認で岸田派の吉川赳氏らを破って8選を果たした。ただ、吉川氏は比例東海ブロックで復活当選しており、地元の反発は必至だ。

 遠藤氏は岸田文雄首相を官邸に訪ね、細野氏の入党を報告。会談後、記者団に「細野氏はこれまで自民候補と激しい戦いをしたから、地元で丁寧に活動してほしい」と語った。吉川氏については「一層努力をしていただきたい」と述べた。

 細野氏はツイッターに「関係者の理解が頂けるよう努力する」と投稿した。