【ニューヨーク共同】米ニューヨーク市の次期市長に当選した民主党のアダムズ氏は4日、来年1月の就任後の最初3回分の給与について、暗号資産(仮想通貨)のビットコインで受け取りたいとの意向をツイッターで明らかにした。

 アダムズ氏は「ニューヨーク市は仮想通貨や革新的産業の中心地となる」と表明、仮想通貨の普及に取り組む姿勢を強調した。市には仮想通貨で給与を支払う仕組みがないため、取引所を通じてビットコインに交換することになるという。

 今回の意向は、仮想通貨の推進派として知られるフロリダ州マイアミ市のスアレス市長とのツイッターでのやりとりを通じて明らかにされた。