【ロンドン共同】英中央銀行イングランド銀行(BOE)は4日、2日まで開いた金融政策委員会の結果を公表した。主要政策金利を過去最低の年0・1%に据え置く一方で、予想通りに経済が推移すれば「物価上昇率を目標とする2%に持続的に戻すため、今後数カ月で利上げが必要になるだろう」との見解を示した。近い将来の政策転換を事実上予告した形だ。

 新型コロナウイルス対策の規制緩和に伴う経済活動再開やエネルギー価格の高騰から世界各国で物価が上昇しており、景気回復に配慮しながらインフレの対応に軸足を移す。米連邦準備制度理事会は今月中に量的金融緩和の縮小を開始することを決めた。