兵庫・東洋大姫路高は4日、来年4月から硬式野球部の新監督に同校のOBで、2019年の全国高校野球選手権大会で大阪・履正社高を優勝に導いた岡田龍生氏(60)が就任すると発表した。岡田氏は来年3月末で履正社高の監督を退任することが決まっている。

 岡田氏は1979年春に選手として出場した選抜大会で4強入り。87年に履正社高の監督に就任し、山田哲人(ヤクルト)ら多くのプロ野球選手を育てた。

 東洋大姫路高は今秋の近畿大会で8強入り。来春の選抜大会に出場した場合は、3月末で退任する藤田明彦監督が大会終了まで指揮を執る。