【台北共同】欧州連合(EU)欧州議会の議員7人を含む13人が3日、台湾を訪問し、蘇貞昌行政院長(首相)と会談した。フランス選出のラファエル・グリュックスマン欧州議員は「(台湾と欧州は)自由と民主主義を熱愛している」と表明。両者は覇権を強める中国への対抗で協力していくことで一致した。

 訪問団は4日に蔡英文総統と会談する予定。蔡政権は統一圧力を高める中国の習近平指導部に対抗するため、日米や欧州、オーストラリアなどと実質的な関係強化を進めている。中国が反発するのは確実だ。訪問は5日まで。