今季限りで現役引退するロッテの鳥谷敬内野手が3日、ZOZOマリンスタジアムで記者会見を行い、プロ野球歴代2位となる1939試合連続出場の成績を残した18年間を振り返って「心残りはない。すっきりして終わる」とさわやかな表情を浮かべた。

 阪神からの引退勧告を拒否して2019年限りで退団し、昨年3月にロッテに加入した。1軍での出場は今年6月6日が最後で7月6日に出場選手登録を外れるまで約1カ月間、出番がなかったことで「チームの勝利に貢献できなかった」と引退を決断したという。

 40歳で現役生活に別れを告げる。