兵庫県三田市の人気洋菓子店「パティシエ エス コヤマ」が、菓子の製造や販売を担当する従業員に月100時間超の時間外労働をさせていたとして、労働基準法違反で伊丹労働基準監督署(同県伊丹市)から3年間で2度にわたり是正勧告を受けていたことが3日、同店への取材で分かった。

 勧告は18年1月15日付と今年1月14日付。総務や人事を担当する管理本部の当時の男性部長が周知せず、対策が取られなかった

 オーナーシェフの小山進氏(57)は同店のホームページに「労働関係法令に対する認識が不足しており、取り組みが不十分であったことを重く受け止めている」とのコメントを掲載した。