日本とフィリピンの二つの国籍を保持していた女子ゴルフの笹生優花(20)が3日、日本国籍を選択したことを明らかにした。滋賀県で行われる日本ツアーの開幕前日の記者会見に臨み「日本の国籍を選んだのは事実。いずれは日本の国籍を選ぶんだろうなと思っていた」と説明。日本の国籍法で、22歳までに国籍を選択する必要があった。

 日本人の父とフィリピン人の母の間に生まれて両国で育ち「どちらを選ぼうと、自分は日本人でもあり、フィリピン人でもある」と述べた。笹生は6月にメジャー大会の全米女子オープン選手権を史上最年少に並ぶ19歳で制し、東京五輪は比代表として出場して9位。