3日午前1時5分ごろ、神戸市北区泉台5丁目の木造2階建て住宅から「玄関が燃えている」と、居住者から119番があった。約3時間40分後に鎮火したが住宅は全焼し、焼け跡から2人の遺体が見つかった。神戸北署は同日、ライターによる重過失失火の疑いで、通報者で住人の無職萬崎博亮容疑者(34)を逮捕した。

 神戸北署によると、この住宅では萬崎容疑者と70代の両親の3人が暮らしていた。火災後、両親と連絡が取れておらず、同署は遺体が両親とみて身元確認を進めている。

 逮捕容疑は3日午前0時50分ごろ、お香にライターで火を付けた際、そばにあった段ボールに誤って引火させた疑い。