【ニューヨーク共同】米IT大手メタ(旧フェイスブック・FB)は2日、中核の会員制交流サイト(SNS)FB上で写真や動画に写っている個人を識別する顔認証機能の利用を取りやめると発表した。顔認証技術がプライバシーを侵害しているとの懸念が高まっていることに対応する。数週間以内に適用予定。

 顔認証機能に使っていた10億人以上のデータが削除されるという。メタはプライバシー意識の高まりを受けて、顔認証機能の利用を許可した人に限定していたが、全面的に取りやめる。