【ワシントン共同】米疾病対策センター(CDC)は2日、5~11歳へのファイザー製新型コロナウイルスワクチンの接種を推奨すると発表した。近く接種が始まる。政府は子ども向けのワクチンを確保した上で各地に配送を始めており、来週までに接種を本格化したい考え。バイデン大統領は声明を出し「ウイルスとの闘いにおいて大きな一歩だ」と強調した。

 米国で、この年代の人口は約2800万人。国内では9月後半から新規感染者が減少しているが、冬を前に接種を進めて感染再拡大や集団感染による休校など教育現場の混乱を防ぐ考えだ。