政府は3日付で2021年秋の叙勲受章者を発表した。今回最高位の旭日大綬章には畔柳信雄元三菱東京UFJ銀行(現三菱UFJ銀行)頭取(79)と高橋宏明元東北電力社長(80)の2人が選ばれた。俳優の橋爪功さん(80)や脚本家の大石静(本名・高橋静)さん(70)、歌人の三枝昂之さん(77)らには旭日小綬章が贈られる。

 受章者は旭日章923人、瑞宝章3113人で計4036人。このうち女性は瑞宝中綬章の相川勝代長崎大名誉教授(81)ら401人で全体の9・9%を占めた。民間人は1948人で48・3%だった。瑞宝大綬章は松本紘元京都大学長(78)の1人だった。