【ナイロビ共同】南アフリカの国立伝染病研究所などは25日、南アで新型コロナウイルスの新たな変異株が確認されたと発表した。免疫を回避する性質や高い感染力を持つ恐れがあり、各国が警戒を強め始めた。

 南アの隣国ボツワナの保健当局は26日までに、新たな変異株への感染者が4人おり、いずれもワクチン接種を完了していたと発表した。

 BBC放送などによると、英政府は25日、南アを含むアフリカ南部6カ国から英国への航空便の乗り入れを26日正午(日本時間同日午後9時)から一時禁止すると発表。松野博一官房長官は26日、新たな変異株の国内での感染は確認されていないとした。