26日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は急落した。終値は前日比747円66銭安の2万8751円62銭で、10月25日以来、約1カ月ぶりの安値圏に落ち込んだ。南アフリカで新型コロナウイルスの新たな変異株が確認され、世界的な景気回復の鈍化を警戒した売り注文が膨らんだ。

 東証株価指数(TOPIX)は40・71ポイント安の1984・98。出来高は約13億200万株。

 市場関係者は「ワクチンが効きにくい変異株の感染が拡大して、世界経済が再び失速するとの見方が広がった」と分析した。

 新たな変異株は、免疫を回避する性質や高い感染力を持つ恐れがあるという。