【サンパウロ共同】ブラジルの裁判所は25日、2016年開催のリオデジャネイロ五輪を巡り、開催都市決定で投票権を持つ国際オリンピック委員会(IOC)委員の買収に関わった罪で、ブラジル・オリンピック委員会の前会長ヌズマン被告に禁錮30年11月を言い渡した。同国メディアが報じた。

 ほかに元リオデジャネイロ州知事のカブラル被告に禁錮10年8月、リオ五輪運営委員会の元委員長に禁錮13年10月が言い渡された。被告は控訴可能。