衆院選広島3区で当選した公明党の斉藤鉄夫国土交通相が選挙期間中に広島市内で開いた演説会で、「広島県トラック協会」の関連団体「広ト協政策研究会」が、出席した協会員に現金を渡していた問題で、広島市の男性が26日、斉藤氏に対する公選法違反容疑の告発状を広島県警に郵送したと明かした。

 告発したのは広島市安佐南区の自営業渡辺俊幸さん(58)。広島3区は2019年の参院選広島選挙区を巡る買収事件で、公選法違反罪による実刑判決が確定した河井克行元法相の地元であり、渡辺さんは「状況は変わっていないのではないか。事実をしっかりと調査してほしい」と訴えた。