【ルカ(フィンランド)共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)複合男子は25日、フィンランドのルカで予備飛躍(ヒルサイズ=HS142メートル)が行われ、渡部暁斗(北野建設)は124メートルの127・4点で16位だった。

 北京冬季五輪で金メダルを目指す33歳の日本のエースは「夏と冬の違いにまだ困惑しているところがある。トップから10秒ぐらいでは(後半距離を)出たい」と26日の開幕戦へ改善を期した。

 140・5メートルを飛んだ山本涼太が日本勢最高の4位となり、渡部善斗は12位、谷地宙は15位。永井秀昭は28位、木村幸大は47位だった。