スノーボード女子ビッグエアの今季ワールドカップ(W杯)開幕戦で初優勝を飾った村瀬心椛(ムラサキスポーツ)が25日、岐阜県羽島市の屋内滑走施設で練習を公開し、スロープスタイルとの2種目で表彰台が期待される北京冬季五輪へ「二つ金メダルを取りたい。小さい頃からの夢なので、現実にできるようにする」と決意を語った。

 逆スタンスの滑りが課題で、重点的に強化に励んでいるという。この日も障害物や小ぶりのジャンプ台で、逆スタンスで入る「スイッチ」技を反復練習。「もっと成功確率を高めて、また優勝できるようにしたい」とビッグエアのW杯第2戦(12月4日・米国)を見据えた。