沖縄県の玉城デニー知事は25日、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古への移設計画を巡り、埋め立て予定海域で見つかった軟弱地盤に対応するため防衛省沖縄防衛局が申請した設計変更を承認しない方針を県議らに伝えた。同日午後にも正式表明する見通し。

 玉城氏は辺野古移設問題で岸田文雄首相との対話を求めてきたが、政府側に応じる気配はみられない。設計変更申請の不承認は県側にとって「最大のカード」(県議)となる。政府は速やかに対抗措置を取るとみられ、法廷闘争に発展する可能性が高い。

 首相は「正式な発表は承知していない。県の対応を注視していきたい」と記者団に述べた。