【ワシントン共同】米商務省が24日発表した10月の個人所得・消費統計によると、個人消費支出(PCE)物価指数は前年同月より5・0%上がった。上昇率は1990年11月(5・1%)以来、30年11カ月ぶりの大きさとなった。原油などエネルギー価格の急騰が影響した。

 米連邦準備制度理事会(FRB)はPCE物価指数を金融政策の目安としている。政策判断の目標は2%超で、これを大きく上回っている。

 10月はエネルギー価格が30・2%上がり、食品も4・8%上昇した。変動の激しい食品とエネルギーを除いたPCEコア物価指数の上昇幅は4・1%だった。