ヤクルトが接戦を制した。二回にサンタナの2試合連続となるソロで先制。六回に失策が絡む失点で追い付かれたが、その裏に2死一、二塁からオスナの適時打で勝ち越した。石川が6回3安打1失点と好投し、石山、清水、マクガフが無失点でつないだ。

 オリックスは長打なしの6安打と打線が振るわず、5回1失点の山崎颯を援護できなかった。