【ベルリン共同】ドイツの9月の総選挙で第1党になった中道左派、社会民主党(SPD)など3党の党首らは24日、SPDのショルツ財務相(63)を首班とする連立新政権発足で合意した。各党党大会などでの承認を経て正式決定となり12月上旬にも発足する。ショルツ氏はメルケル首相の後継として欧州最大の経済国を率いる。新政権は気候変動対策に注力する考え。

 3党はSPDのほか第3党の環境保護政党「緑の党」と、経済界に近い第4党の中道、自由民主党(FDP)。SPD出身者の首相就任は16年ぶり。

 ショルツ氏は会見で「私の望みは3党連立が画期的な役割を果たすことだ」と述べた。