飛行中だった米海兵隊の輸送機MV22オスプレイから、沖縄県宜野湾市の住宅敷地内に水筒が落下していたことが24日、県などへの取材で分かった。県警によると水筒はステンレス製で、玄関先に落ちたが、人や建物への被害の情報は入っていない。県などは現場に職員を派遣し、情報収集を進めている。

 県や市、県警によると、23日午後6時半~7時ごろに市役所近くの住宅街で金属製の水筒のようなものが落下したとの情報があり、現地で縦約25センチ、横約13センチの水筒を確認した。防衛省沖縄防衛局も、米軍から情報を得たという。