心と体の性が一致しないトランスジェンダーであることを公表しているサッカー女子の元日本代表、横山久美選手(28)が24日までに、米国で結婚したと自身のインスタグラムで明らかにした。横山選手は、米プロリーグNWSLスピリットに所属している。

 横山選手は、パートナーとともに結婚証明書を手にした写真を掲載し「もちろん日本では無効ですが、少しでも発展していくことを願っていますし、たくさんの方々に日本の現状を知っていただきたいと思い報告しました」と記した。同性婚は米国など約30の国・地域で認められている。

 横山選手は2019年女子W杯の日本代表。(共同)