中日の祖父江大輔(34)、田島慎二(31)の両投手が今季取得した国内フリーエージェント(FA)権を行使せずに残留することが24日、球団関係者への取材で分かった。23日までに残留する考えを伝えたという。

 プロ8年目の祖父江は今季55試合に登板し、防御率は2・59と救援陣を支えた。10年目の田島は右肘の手術から復活し、22試合でリリーフして防御率2・45と安定感を誇った。球団関係者は「残ってほしいと思って交渉したので、ほっとしている。戦力的にも大きい」と話した。