チュニジアで2011年に独裁政権を崩壊させた「ジャスミン革命」で、デモ隊の市民に広く親しまれた歌「わたしの言葉は自由」を代表曲に持つチュニジア人女性シンガー・ソングライターのエメル・マトルティさん(39)が初来日し、コンサートツアーが24日に始まる。同革命を発端とした民主化運動「アラブの春」から今年で10年。「音楽を通じて人と人がつながれることを伝えたい」と思いを込める。

 15年、革命後の民主化に取り組んだ「国民対話カルテット」のノーベル平和賞授賞式でも披露し、話題を呼んだ。

 24日の東京・新宿を皮切りに12月10日まで、北海道、長野、大阪などを回る。