防衛省は23日、青森県の航空自衛隊三沢基地で、弾道ミサイルを迎撃する地対空誘導弾パトリオット(PAC3)の機動展開訓練を報道関係者に公開した。陸海空の3自衛隊と在日米軍が19日から30日まで実施中の自衛隊統合演習の一環。3自衛隊の装備を集約して運用する「総合ミサイル防空」の訓練として、PAC3を投入した。

 この日は、展開したPAC3のレーダー装置や発射機を動かす訓練を実施。ミサイル警戒に活用する同基地のF35Aステルス戦闘機や、E2C早期警戒機も公開した。

 統合演習は水陸両用作戦や電子戦などを項目とし、自衛隊から約3万人、米軍は約5800人が参加する。