スノーボードの男子ビッグエアで昨季世界選手権4位の飛田流輝(日体大)が23日、富山県立山町の屋外ジャンプ施設で練習を公開し、スロープスタイルとの2種目で初出場を狙う来年の北京冬季五輪へ「一番の見せどころ。自分のやりたい技をびしっと決めて、特にビッグエアでは金メダルを狙っていきたい」と力強く決意を示した。

 10月にスイスで行われたビッグエアの今季W杯初戦は、強風や助走路の緩い雪質など、ジャンプ台の悪条件に適応できず予選落ち。次戦以降に向け、苦手とする逆スタンスで踏み切る高回転技を重点的に磨いているといい「波に乗って北京に向かいたい」とプランを描いた。