【ウィーン共同】ロイター通信によると、チェコとスロバキアは22日から、新型コロナウイルスのワクチン未接種者のホテルや美容室などの利用を禁じた。感染拡大が収まらない中、接種を促すため受けていない人を対象にした措置。チェコでは重症感染者の約70%が未接種で、スロバキアでは約80%となっている。

 チェコではワクチンを打った人か、過去6カ月以内にコロナから回復した人だけが飲食店などを利用できる。フランスのメディアによると、スロバキアでは未接種者は食料品店や薬局などを除き入店できない。