【北京、マニラ共同】中国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の首脳が22日開いたオンライン特別会議で、南シナ海を巡る中国とフィリピンの対立が表面化した。中国の習近平国家主席は安定を呼び掛けたが、フィリピンのドゥテルテ大統領は中国海警局の行動を「嫌悪する」と異例の非難をした。

 習氏は覇権主義と強権政治に断固反対すると述べ「ASEANと妨害を取り除き、チャンスを共有し、繁栄を創造し、より緊密な関係を構築したい」と訴えた。

 ドゥテルテ氏は中国海警局によるフィリピン民間船への妨害行為を取り上げ「他の同じような出来事にも重大な懸念を持っている」と強調した。