自民党神奈川県連は22日、新型コロナウイルス緊急事態宣言下の東京・銀座のクラブ訪問問題で離党した松本純元国家公安委員長の党本部による復党了承の手続きは納得できないとして、茂木敏充幹事長宛てに抗議文を提出した。抗議文は「あまりにも地方組織を軽んじており、党本部の決定には納得できない」としている。茂木氏は不在で、党職員に手渡した。

 県連は、地元の意向を考慮せず、党本部が一方的に復党了承を決めた手続きを問題視している。抗議文提出後、土井隆典県連幹事長は、松本氏側から県連に改めて入党届が提出されたとし「事務手続きを進めるかどうかを含め、考えたい」と述べた。