立憲民主党代表選(30日投開票)に立候補した4氏は22日、日本記者クラブ主催の討論会に臨んだ。いずれも衆院選での共産党との野党共闘に間違いはなかったとして、来夏の参院選も連携を続けるべきだと主張した。ただ共闘の在り方には修正や見直しが必要との認識を示した。一方、憲法を巡る論議は拒まないとの姿勢を示したが、憲法改正が前提となる議論ならば、反対するとした。

 候補者は逢坂誠二元首相補佐官、小川淳也元総務政務官、泉健太政調会長、西村智奈美元厚生労働副大臣の4氏。

 記者団から挙手による野党共闘の是非を問われ、4氏で共闘路線を否定した人はいなかった。