第一生命ホールディングス傘下のネオファースト生命保険(東京)は22日、自分の歯を一定数維持すれば保険料を割り引く認知症保険を開発したと発表した。自分の歯が少なくなると認知症のリスクが高まるとの研究結果に着目。12月に発売する。業界初の商品だと説明している。

 具体的には、70歳時点で永久歯が20本以上残っていれば、以降の保険料を1~3割値引く。保険金を200万円に設定して40歳で加入した男性の場合、月額保険料は1280円だが、70歳になって割引が適用されれば898円に下がる。