プロ野球日本ハムが北海道北広島市に建設中の新球場「エスコンフィールド北海道」を運営する「ファイターズスポーツ&エンターテイメント」は22日、2023年夏の甲子園大会出場を懸けた南北北海道大会の準決勝と決勝の計6試合を新球場で開催すると発表した。

 新球場は23年春に開業予定。北海道高野連の遠藤直樹会長は「北海道の高校球児に新たな夢の舞台を準備してくださいましたことに御礼申し上げます」と歓迎し、運営会社の前沢賢事業統括本部長は「高校球児の一瞬一瞬をひたむきにプレーする姿に負けないよう、全力で開業準備に臨んでまいります」とコメントした。