【北京、シンガポール共同】中国の習近平国家主席は22日、東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳とオンライン特別会議を開いた。国営通信の新華社によると、習氏は「われわれは包括的戦略パートナーシップ関係を構築した」と述べ、関係格上げを正式に宣言した。

 これまでASEANとの会議に李克強首相が出席してきた中国は習氏の特別会議参加で関係重視の姿勢をアピール。米国と激しく対立する中、一層の影響力拡大を狙う。

 ASEAN外交筋によると、ミャンマーは会議に参加しなかった。