兵庫県稲美町で住宅が全焼し小学生兄弟とみられる2人の遺体が見つかった火災で、現場から可燃性の液体が検出されたことが22日、捜査関係者への取材で分かった。県警は同日、現住建造物等放火容疑で現場検証し、詳しい出火原因を調べている。同居していた50代の伯父と連絡が取れておらず、県警は何らかの事情を知っているとみて行方を捜査している。

 火災は19日深夜に発生し、木造2階建てが全焼。小学校高学年の兄と低学年の弟とみられる2遺体はいずれも1階部分から見つかった。

 小学生兄弟と両親、兄弟の伯父の5人暮らし。両親は母親を父親が迎えに行っていたといい、いずれも無事だった。