東京都調布市を走行していた京王線特急の乗客刺傷事件で、車内でライターオイルをまいて火を付け、別の乗客を殺害しようとした疑いが強まったとして、警視庁調布署捜査本部は殺人未遂と現住建造物等放火の疑いで住所不定、無職服部恭太容疑者(25)を22日に再逮捕する方針を固めた。捜査関係者への取材で21日、分かった。

 捜査関係者によると「(滞在先の)ホテルで、水を入れたペットボトルを使って人に液体をかける練習をした」「乗客を火で先頭車両まで追い詰めるつもりだった」と供述していることも判明。捜査本部は服部容疑者が入念に準備していたとみている。