大相撲九州場所8日目の21日、9月末に現役引退した間垣親方(元横綱白鵬)がNHKテレビ中継の解説を初めて務め「こうやって見るのは初めて。いいものですね」と放送席でしみじみと話した。

 黒系統のスーツにピンクのネクタイ姿の間垣親方。来日当時の写真に続き、三段目時代だという稽古場での映像が流れると「この頃から日本語が少しうまくなって、番付も上がった。懐かしい」と頬を緩めた。

 現役時代は幕内取組を録画し、下位までもチェックしていたという。「優勝争いで対戦する可能性もあった。癖やどういう取組をするのかを見ていた」と研究熱心さを表すエピソードも披露した。