バドミントンのインドネシア・マスターズは21日、バリで各種目の決勝が行われ、男子シングルスで世界ランキング1位の桃田賢斗が同3位のアナス・アントンセン(デンマーク)を2―0で下して優勝した。桃田のワールドツアー大会制覇は、交通事故に巻き込まれて大けがを負う直前の大会だった昨年1月のマレーシア・マスターズ以来。

 ダブルスで男子の保木卓朗、小林優吾組は世界1位のマルクスフェルナルディ・ギデオン、ケビンサンジャヤ・スカムルヨ組(インドネシア)を破り、女子の志田千陽、松山奈未組は韓国ペアに勝って優勝。女子シングルスの山口茜は安洗塋(韓国)に敗れて準優勝。(共同)