将棋日本シリーズ、第42回JTプロ公式戦の決勝は21日、千葉市で指され、先手の豊島将之JT杯覇者(31)が95手で藤井聡太四冠=竜王・王位・叡王・棋聖=(19)を破り、2年連続3度目の優勝を飾った。3回目出場の藤井四冠は、初優勝を逃した。

 JT杯はタイトル戦以外の一般棋戦。タイトル保持者、賞金ランキング上位のトップ棋士12人によるトーナメントで覇を争う。早指し棋戦で、持ち時間各10分に考慮時間各5分がつく。

 藤井四冠は13日、竜王戦7番勝負で豊島JT杯覇者を破り、最年少の19歳3カ月で4タイトルを同時に保持。来年1月に王将戦初挑戦で最年少五冠を目指す。