【北京共同】中国外務省は21日、リトアニアが台湾の名称を用いた代表処(代表部に相当)の設置を認めたことを受け、リトアニアとの外交関係を大使級から臨時代理大使級に格下げすると発表した。

 18日に首都ビリニュスに「駐リトアニア台湾代表処」が設置された後、中国外務省の報道官は報復措置を示唆していた。断交に踏み切れなかったのは、断交すればリトアニアと台湾が外交関係を結ぶこととなり、台湾に利すると判断したためとみられる。

 声明は「台湾は国家ではない」と強調、台湾代表処の設置は「一つの中国」原則に反し、中国とリトアニアの外交的基礎を破壊したなどと批判した。