楽天の早川隆久投手が21日、仙台市内の球団事務所で契約更改交渉し、2千万円増の年俸3600万円でサインした。4球団競合の末に入団し、1年目から先発陣の一角を担って9勝7敗、防御率3・86の成績を残し「思っていたよりもいい評価をしていただいた。来季は2桁勝利を目指したい」と背筋を伸ばした。

 課題に挙げたのは決め球の変化球の精度。石井監督が現役時代に同じ左投手として三振を量産したスライダーを引き合いに出し「これという武器が自分にはない。三振を奪いたいところで奪える変化球を技術的に磨けたら」と意気込んだ。(金額は推定)