将棋の第29期倉敷藤花戦3番勝負の第3局は21日、岡山県倉敷市で指され、後手の里見香奈倉敷藤花(29)が110手で挑戦者の加藤桃子清麗(26)を破り、2勝1敗で7連覇を果たした。通算12期目。

 里見倉敷藤花は、17日に行われた第3期清麗戦5番勝負で加藤清麗にタイトルを奪われ、五冠から後退。倉敷藤花を防衛し、女流名人、女流王位、女流王将と合わせ四冠を維持した。

 加藤清麗の二冠獲得はならなかった。