兵庫県は20日、鳥インフルエンザが発生した同県姫路市の養鶏場で飼育されていた約15万6千羽全ての殺処分を終えたと発表した。県は数日かけて焼却し、場内の清掃や消毒作業も進める。

 この養鶏場の鳥インフルは、国の機関による遺伝子検査で「H5N1型」の高病原性と確認されている。