オリックスが土壇場で粘り、逆転サヨナラ勝ちした。1―3の九回に安打と四球、犠打野選で無死満塁とし、宗の2点適時打で同点。なお無死一、二塁から吉田正の中越え二塁打で決着をつけた。

 ヤクルトは奥川が7回1失点と好投し、1―1の八回に村上の2ランで勝ち越したが、九回に抑えのマクガフが1死も奪えず3点を失った。