みずほ銀行でシステム障害が相次いだことを受け、親会社みずほフィナンシャルグループ(FG)が佐藤康博会長の進退を検討していることが19日、分かった。来春退任する方向だったが、障害頻発の責任を問う辞任とするかどうかを議論する見通し。みずほFGの坂井辰史社長とみずほ銀の藤原弘治頭取は年内にも引責辞任を表明する見通しで、3首脳の辞任に発展する可能性が出てきた。

 金融庁は19日、みずほFGとみずほ銀にシステム障害に伴う検査の結果を通知した。検査では、個人や企業の資金決済を担う社会インフラとしての役割を十分に果たせず「信頼を損ねた。経営陣の責任は重大だ」と指摘した。