沖縄県の玉城デニー知事は2日、国土交通省や内閣府などを訪れ、小笠原諸島の海底火山噴火で発生したとみられる軽石が漂着して県民の生活に影響が出ているとして、国の支援を求めた。

 要請後、記者団の取材に「災害として対応する必要があるとの認識を共有できた。沖縄県以外に広がれば、さらなる対応が必要になる」と訴えた。

 玉城氏は各府省で、漁業や離島航路に影響が出ているほか、観光業者からは不安の声が上がっていると指摘。漁業、観光業への支援や撤去費に対する補助、自然環境への影響調査を求めた。