山口銀行などを傘下に置く山口フィナンシャルグループ(FG)に対し、金融庁が銀行法に基づく報告命令を出したことが1日、分かった。社内合意がないまま新銀行設立構想を進めたとして吉村猛前会長グループ最高経営責任者(CEO)を事実上解任した問題を巡り、経緯や内部管理体制の改善策について11月中にも報告するよう求めている。

 一方、山口FGは1日、吉村氏を取締役から解任する人事案を諮るため、臨時株主総会を12月24日に開くと発表した。同社の取締役辞任勧告に対して吉村氏が「納得できない」と主張し、拒否していることが理由だとしている。