【北京、ソウル共同】中国とロシアの空軍は19日、日本海や東シナ海の空域で爆撃機による合同パトロールを実施した。両国の国防省が同日、発表した。第三国に対するものではないとし、中国国防省は「国際法と関連規定を守り、他国の領空には進入しなかった」と強調した。

 日本周辺での飛行を受け、航空自衛隊の戦闘機が緊急発進(スクランブル)した。韓国軍によると、中ロ軍機は一時、韓国の防空識別圏に進入した。

 中ロは10月には初の海上合同パトロールとして海軍艦艇計10隻が日本列島を周回するなど軍事的な連携を強めている。